日々想々彼是落書致候


by fly_bird_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ガザでの戦争のこと

 久しぶりに時事問題について書きます

 遠くイスラエル・ガザ地区で起きているイスラエル政府によるパレスチナ系住民虐殺と呼んで差し支えない戦争が起きているのはご承知のとおり。

 イスラエルは当初、ロケット攻撃を仕掛けてくるパレスチナの武装政治勢力ハマスの壊滅を口実にしていましたが、その実態はまぎれもなく住民の無差別殺戮であるということが、日に日に明らかになっているようです。

 人種差別・人権侵害を公然と行い、人間の命を命と思わず、大量の殺戮兵器・核兵器を保有し、隣人に侵略戦争をしかける国。それはかつてユダヤ人の撲滅を掲げて大戦争を引き起こした、ナチス・ドイツの姿と重なります。
 イスラエルは中東での唯一の民主主義体制をとっている国と言われていますが、多くのイスラエル国民が戦争政策を後押ししているという報道を見ると、ナチスもかつてワイマール憲法下のドイツ世論の後押しで急成長していった歴史と重なります。
 ユダヤ人が作った国イスラエルが、ナチス化するというのは歴史の皮肉としか言いようがありませんが、ナチス・ドイツがどのような運命を辿ったのかに想いを馳せるとき、今後のイスラエル及び周辺地域の行く末には…正直、戦慄を覚えます。

 破壊と殺戮を生む大きな戦禍を食い止めるためには世界的世論による圧力が有効だと思います。先日はヨーロッパ諸国を中心に大々的な市民反戦デモが行われた様子。
 自分一人何をしてもと思いますが、微力ながら僕も何か具体的に行動をしたいと思い、まずはブログにて意見表明まで

No War



参考資料
田中宇の国際ニュース解説「ガザ戦争で逆転する善悪」

by fly_bird_man | 2009-01-14 00:10